転職をしたことによる年収のアップダウン

年収をアップさせたいと考えて転職をする人がいます。
しかし実際には転職によって年収が大幅にダウンしたという人のほうが多いです。
これは何故なのでしょうか?

転職先の企業も最初から人件費を多くかけたくはないと考えることが一般的です。
長く勤務をすることによって年収を徐々に上げていくという形が多いです。
スタートから高額の給料を支払ってしまうと、人件費ばかりがかさんでしまいます。
ですから最初は年収も低く見積もりたいのです。

優秀な人材とできるだけ人件費を抑えた形で採用したいというのは企業側の考えです。
未経験の仕事をすることになれば、ゼロからのスタートになります。
前職の経験や知識が全く役に立たないということもあります。
即戦力にならないような人を採用した場合には年収も低めに設定されているものです。

今までの企業での勤続年数がある程度あれば、昇進をすることもできるかもしれません。
昇進をすれば年収もアップするでしょう。
転職をすることによって勤続年数もゼロになってしまうので、転職先で昇進をするまでにまた時間がかかってしまいます。
年収アップのためだけを考えて転職をするのであれば、今までの仕事での勤続年数と照らし合わせたほうがよいでしょう。
20代であれば、年収アップのために転職をするのはよいかもしれませんが、30代後半にもなれば転職をすることで年収がダウンをしてしまう可能性もあります。
転職をする年齢と今までのキャリアを生かすことが出来る仕事なのかどうか、という点を考えて転職をするのかしないのか、ということを決めたほうがよいでしょう。

ただし勤務をする企業によっては転職によって年収をアップさせることが出来る場合もあります。
それは年功序列ではなく、能力主義を取り入れている企業です。
若手であっても能力があれば昇進をすることができ、それが年収にも直結することがあります。
年齢が下の上司がいる、というような企業の場合には自分の頑張り次第で昇進をすることができますし、年収もアップさせることができます。
もちろん、能力がなければ昇進も年収アップも不可能になり、逆に年収がダウンすることもあるでしょう。

自分に自信があり、この仕事であれば能力を生かすことができる、その企業の利益になる仕事を行うことが出来ると判断出来るのであれば、転職を決断するとよいでしょう。
その判断もかなり難しい点があるので、よく検討をしなければいけません。

転職の際に高確率で年収アップを実現したい人は↓の記事が参考になります。
【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた – 転職年収アップ研究所