システムエンジニアの年収アップを目指して

システムエンジニア(以下「SE」)という職業が近年よく耳にする時代になりました。
やりたい仕事として選んだはずの仕事、しかしその仕事に見合ったお給料なのか否か?というのは誰もが思うはずです。
この職業は独占資格もなく言わば与えられた課題を自身のスキルのみでクリアしていくものです。
スキルによって関連した資格は多々ありますが「SEとしての」資格は無いのが現状であり、またそのお給料は中々比較が難しいかと思います。

一般的には30代で年収500万から600万というデータがあります。SEとして今後を考え年収アップを目指すにはどうすればいいのでしょうか。
やはり、一番は転籍というフレーズが頭に浮かびます。これはその職種に限った事ではありませんが、占有資格の無いSEとして最初に浮かぶのはコレではないでしょうか。
一口に転籍とは言っても自己による転籍なのか他者による転籍、いわゆるヘッドハンティング的なものではSEとしての評価や収入には大きく差が出てくるものです。
SEこそヘッドハンティング的な転籍でなくては収入アップは難しいでしょう。

どういった職種にも言えますが、やはり「経験年数」というのはとても大きな基盤となりSEとしての位置付けにも関わってきます。当然スキルやノウハウも変わってくるでしょう。
現代の会社組織においてその殆どにデジタル化が施され、規模によって差があるものの会社の根幹にパソコン等機器の導入は不可欠な時代となってきました。
そこから考えるとSEは時代として必要不可欠な職種と言えます。

しかし、そのSEを会社がどれだけ求めているかを把握しなければ当然ながら年収アップとはいかないはずです。単純に「会社が大きいからSEの年収も高い」とはなり得ません。
転籍において、大きな変化をもたらすものがあります。これもまたどの職種にも言えますが「独立・開業」という道があります。
可能性としてゼロでは無いにしろ、やはりギャンブル的要素もあるため安易には決断出来ません。どこかに属している間に顧客を見込んでおけば別かもしれませんが、そう多いチャンスが落ちているとも思えません。
あるデータによるとやはりメディア系や通信系のSEは比較的に収入が高い位置にあるとされています。
やはりメインで運営している業種と一般的に結びつきやすいというのもありその通りなのでしょう。

SEとしての年収アップを目指すのであれば、当然スキルアップは求められ続ける事に加え属する組織の業種やSEの重要度を見極める必要があると言えます。