年収をアップさせるための交渉

日本の企業では上司が部下を評価し、その評価に応じて年収が変わってくることがあります。
絶対にあってはいけないのが、能力ではなく、相性や好き嫌いを評価に反映させるということです。
絶対にあってはいけないのですが、それでも実際には頻繁に起こっていることであり、そのようなことを平然と行っている上司は処分をしなければいけないと考えるようにもなってきています。

年収アップの交渉を行うためにも上司に好かれるような行動を取る人もいます。
常に上司のご機嫌を取り、味方になるような人もいますが、そのような人は上司が異動になったり、退職をした際に危機的状況に陥ることがあります。
ですから汚い手は使わずに正しいことを行っておいたほうがよいでしょう。
企業の利益や運営がスムーズに進むように仕事を進めていくことによって、それが評価にもつながります。
逆にそのような部分を評価しない上司というのは、やがて処罰されるということが多いようです。

上司に年収アップの交渉を行う際、理由として経済的な理由は出さないほうがよいでしょう。
住宅ローンを抱えていたり、子どもが生まれたので、というようなことを話してしまうとそれは誰もが直面をしている問題かもしれませんし、同情だけで年収をアップさせることは出来ないので、理由としてはあまりよくはありません。

大企業の場合には未だに年功序列制度を採用していることが多く、何もしなくても勤続年数によって年収は少しずつでもアップをすることがあります。
しかし中小企業の場合には、年功序列ではなく能力主義であることも多く、年収アップの交渉をすることによって、年収を上げることも可能となります。
交渉をする際には自分のキャリアを伝えるとよいでしょう。
こういうことをやってきた、ということを上手く伝えることができれば、年収がアップする可能性もあります。

交渉をする前に希望をする年収額を決めておくことが重要です。
希望をする年収額よりも少し高めの金額を提示しましょう。
その金額では無理だと言われるかもしれません。
その場合には少し下げて、再度提示をするとよいです。
そうすることによって最初に自分で設定をした希望金額にすることも可能となるでしょう。
大抵の場合、ディスカウントされてしまうので、高めに設定をしておくことはとても大切なことです。

切り出し方としては、年収が上がらなければ転職をすることも考えている、と伝えるとよいでしょう。
いなくなっては困る人材であれば、転職をされるよりも年収をアップさせてくれることがあります。