女性の年収アップはどこまで可能か?

さて女性のお給料に関するお話です。
男女雇用均等法は出来て数年、女性だけに言える事でもありませんがお給料(収入)が上がるというのは働く者の課題です。
キャリアウーマンと言えば働く女性の事を指すようですが正式には「長期賃金労働者」という内容が入るので、パートタイマー等は枠外のようです。
女性のお給料アップはどうしても「キャリアウーマン」というようなフレーズが頭に浮かびます。バリバリ働く…というようなイメージもありますね。

では「年収」として考えるとどうでしょうか。仕事を複数して年間の収入としてアップを目指すと意外と伸びる?かもしれません。
男性に比べ発想力は女性の方が優位と言われます。業種にもよりますが企業によってはその「女性観」を活かして伸びているところもあります。
うまくそういったところの頭脳として入り込めれば女性として年収アップは望めるでしょう。
一例ではありますが上記のような道もあります。

観点の幅広さを考えるとフリーな仕事は女性の方がうまくいくのではないでしょうか。
例えば筆者のようなライター業務。これもフリーな仕事と言えます。書く側の観点が主導になるため幅広い考え方が必要です。どうしても男性だと固執しがちですからね。
向き不向きもありますが女性の方が有利かもしれません。こういった職種は女性の伸びが見出しやすいかもしれません。

小さなショップ等の起業も昨今女性のオーナーさんが増えてきています。個人起業であるために、その中ではある程度制約はあるものの自由に仕事は出来ます。
自由であることこそ、その起業者による発想が重要になるため挑戦も容易になります。
女性であるため、比較的保守的な部分からの挑戦になるため大きな痛手とはならないような傾向もあるようです。ですから起業家にあるハイリスクとは必ずしもならないようです。

時代が進み職種性別に関わらず幅広い考え方が出来るようになりました。
この仕事が必ずとは言えませんが、これまで比較的男性が活躍していた場でも女性の進出が伺えます。
社会に女性の考え方が少なかった昔に比べると、まだまだ「女性観」にはビジネスチャンスが埋もれているように思えます。
女性観を活かした仕事の選択が年収アップに繋がるのではないでしょうか。