hagurin のすべての投稿

転職をしたことによる年収のアップダウン

年収をアップさせたいと考えて転職をする人がいます。
しかし実際には転職によって年収が大幅にダウンしたという人のほうが多いです。
これは何故なのでしょうか?

転職先の企業も最初から人件費を多くかけたくはないと考えることが一般的です。
長く勤務をすることによって年収を徐々に上げていくという形が多いです。
スタートから高額の給料を支払ってしまうと、人件費ばかりがかさんでしまいます。
ですから最初は年収も低く見積もりたいのです。

優秀な人材とできるだけ人件費を抑えた形で採用したいというのは企業側の考えです。
未経験の仕事をすることになれば、ゼロからのスタートになります。
前職の経験や知識が全く役に立たないということもあります。
即戦力にならないような人を採用した場合には年収も低めに設定されているものです。

今までの企業での勤続年数がある程度あれば、昇進をすることもできるかもしれません。
昇進をすれば年収もアップするでしょう。
転職をすることによって勤続年数もゼロになってしまうので、転職先で昇進をするまでにまた時間がかかってしまいます。
年収アップのためだけを考えて転職をするのであれば、今までの仕事での勤続年数と照らし合わせたほうがよいでしょう。
20代であれば、年収アップのために転職をするのはよいかもしれませんが、30代後半にもなれば転職をすることで年収がダウンをしてしまう可能性もあります。
転職をする年齢と今までのキャリアを生かすことが出来る仕事なのかどうか、という点を考えて転職をするのかしないのか、ということを決めたほうがよいでしょう。

ただし勤務をする企業によっては転職によって年収をアップさせることが出来る場合もあります。
それは年功序列ではなく、能力主義を取り入れている企業です。
若手であっても能力があれば昇進をすることができ、それが年収にも直結することがあります。
年齢が下の上司がいる、というような企業の場合には自分の頑張り次第で昇進をすることができますし、年収もアップさせることができます。
もちろん、能力がなければ昇進も年収アップも不可能になり、逆に年収がダウンすることもあるでしょう。

自分に自信があり、この仕事であれば能力を生かすことができる、その企業の利益になる仕事を行うことが出来ると判断出来るのであれば、転職を決断するとよいでしょう。
その判断もかなり難しい点があるので、よく検討をしなければいけません。

転職の際に高確率で年収アップを実現したい人は↓の記事が参考になります。
【体験談】転職で年収アップするため実際やった交渉方法をまとめてみた – 転職年収アップ研究所

年収が低いために貯金が出来ない!?

現在こういったご家庭は少なくないはずです。世の中が言うように景気は昔に比べ良いわけでもなく、物が売れなかったり収入自体も低いなんて結構当たり前です。
貯金なんて後回しというよりも、どこから貯金するの?なんて疑問すら出てきます。
こういった時代を見越してか、利率の良い投資や住宅ローン等を銀行が提供していたりもしますがやっぱり収入が低いのに手元に現金が無いために何にもできません。
結局お金は回るところが決まっているような気もします。

年収に見合った生活をしているという方が殆どでしょう。筆者もまたその一人です。
貯金が出来ないのも同じです。貯金なんてウチではタブーな発言に近いものです。

まあとは言え365日生活は回っております。
とあるデータを見てみると家庭を持つと貯金は10,000円以下/月が4分の1というのが実情のようです。
独身時代に貯金と昔はよく言いましたが、その昔に比べて比較的お金を使う生活が増えてきているのも実際のところです。中々貯金できている独身も多くはないようです。

結婚をするにせよしないにせよ生き方は様々です。
両者に共通してやってくるものがあります。そう「老後」です。
情報社会となってきた現在では老後の金回りも段々と見えつつあります。非常に参考になります。それだけに目標値が高くなるような気もしますが。

貯金が出来ない方向けとは言えないのですが、生命保険などを見直してみたり副業や先に話した投資なんてのもあります。
生命保険は貯蓄機能を備えたもの等、副業は本当に空いた時間を利用して出来るもの等、投資は少額から参入出来るものです。
どれもリターンは少ないため始めるなら意外とやれたりもします。

どういったアドバイザーの話を見てもやはり「現在の収入と支出の見直し」を言う結論に至っています。誰かが現金をポンっとくれる訳でもありませんからね。
現在の年収からいろんな観点で辿ってみてバランス等をリスト化してみると、アドバイザーの方が言われる通り本当に見えてくるものです。
貯金については結構向き不向きもあるようです。
夢を持ち貯金して未来を見据えられる事が一番の近道なのですが、今も生活が進行中ですからね。中々難しいものです。
貯金のあり方として現金を蓄えるだけではなく、現在は生命保険などの色々な方法も活用してみるのもいいかもしれません。

システムエンジニアの年収アップを目指して

システムエンジニア(以下「SE」)という職業が近年よく耳にする時代になりました。
やりたい仕事として選んだはずの仕事、しかしその仕事に見合ったお給料なのか否か?というのは誰もが思うはずです。
この職業は独占資格もなく言わば与えられた課題を自身のスキルのみでクリアしていくものです。
スキルによって関連した資格は多々ありますが「SEとしての」資格は無いのが現状であり、またそのお給料は中々比較が難しいかと思います。

一般的には30代で年収500万から600万というデータがあります。SEとして今後を考え年収アップを目指すにはどうすればいいのでしょうか。
やはり、一番は転籍というフレーズが頭に浮かびます。これはその職種に限った事ではありませんが、占有資格の無いSEとして最初に浮かぶのはコレではないでしょうか。
一口に転籍とは言っても自己による転籍なのか他者による転籍、いわゆるヘッドハンティング的なものではSEとしての評価や収入には大きく差が出てくるものです。
SEこそヘッドハンティング的な転籍でなくては収入アップは難しいでしょう。

どういった職種にも言えますが、やはり「経験年数」というのはとても大きな基盤となりSEとしての位置付けにも関わってきます。当然スキルやノウハウも変わってくるでしょう。
現代の会社組織においてその殆どにデジタル化が施され、規模によって差があるものの会社の根幹にパソコン等機器の導入は不可欠な時代となってきました。
そこから考えるとSEは時代として必要不可欠な職種と言えます。

しかし、そのSEを会社がどれだけ求めているかを把握しなければ当然ながら年収アップとはいかないはずです。単純に「会社が大きいからSEの年収も高い」とはなり得ません。
転籍において、大きな変化をもたらすものがあります。これもまたどの職種にも言えますが「独立・開業」という道があります。
可能性としてゼロでは無いにしろ、やはりギャンブル的要素もあるため安易には決断出来ません。どこかに属している間に顧客を見込んでおけば別かもしれませんが、そう多いチャンスが落ちているとも思えません。
あるデータによるとやはりメディア系や通信系のSEは比較的に収入が高い位置にあるとされています。
やはりメインで運営している業種と一般的に結びつきやすいというのもありその通りなのでしょう。

SEとしての年収アップを目指すのであれば、当然スキルアップは求められ続ける事に加え属する組織の業種やSEの重要度を見極める必要があると言えます。

年収をアップさせるために行う副業

公務員など副業が禁止されている職業の場合には副業を行って年収をアップさせることはできませんが、禁止されていないのであれば、副業で年収アップを考えてみるとよいでしょう。
本業で年収アップが難しいことがあります。
不景気で業績が悪化していれば、どうしても年収アップは難しくなります。
ですから副業を行ってコツコツ頑張って年収をアップさせる努力をしてみるとよいでしょう。

昔は肉体労働を副業をしている人がいましたが、肉体労働の場合には疲れも出てきてしまいますし、本業にも影響を与えてしまう可能性があります。
心身共に仕事を続けることが出来る状態ではなくなる可能性があるので、肉体労働は若くて体力に自信がある人ではないとできないでしょう。

今はインターネットを使った副業を行う人が増加をしています。
スマホからでも行うことが出来るものであれば、移動時間にちょっと行うということだけでもよいので、気軽に行うことが出来るでしょう。

例えばNISAやFXなどの投資です。
投資も副業として考えることができます。
年収アップの交渉もできず、いつまで経っても生活が苦しいままという悩みを抱えているのであれば、転職をすることを考えるかもしれません。
しかし転職をしても年収がアップする保障はどこにもありませんし、逆にダウンをしてしまうリスクもあります。
副業であれば、本業を維持しながら年収をアップさせることが出来るのでメリットは大きいです。

NISAやFXの場合には利益を上げることだけではなく、損失を出してしまう可能性もあるので、十分に注意をしなければいけません。
少額から行うことが出来る投資方法として人気が高いですし、スマホアプリでも利用をすることができるので人気が高いです。
誰にも知られずに行うことが出来る副業でもあるので、副業をしていることを本業で知られたくはないと考えている人にもお薦めです。

NISAやFXなどの投資の他にもオークションを利用したり、アフェリエイトを行うなど様々な副業のスタイルがあります。
長く続けること、一度に大きな利益を生み出すことができないにしても、コツコツと行うことによって、収入を増やすことも出来るでしょう。

ただし、インターネットで副業情報を収集する際には、詐欺行為を行っているところもあるので、あまりにも高収入を得ることが出来ると記載されているような副業には注意をしたほうがよいです。
始める前にその副業は本当に安全なのかという情報も確認しておくとよいでしょう。

年収をアップさせるための交渉

日本の企業では上司が部下を評価し、その評価に応じて年収が変わってくることがあります。
絶対にあってはいけないのが、能力ではなく、相性や好き嫌いを評価に反映させるということです。
絶対にあってはいけないのですが、それでも実際には頻繁に起こっていることであり、そのようなことを平然と行っている上司は処分をしなければいけないと考えるようにもなってきています。

年収アップの交渉を行うためにも上司に好かれるような行動を取る人もいます。
常に上司のご機嫌を取り、味方になるような人もいますが、そのような人は上司が異動になったり、退職をした際に危機的状況に陥ることがあります。
ですから汚い手は使わずに正しいことを行っておいたほうがよいでしょう。
企業の利益や運営がスムーズに進むように仕事を進めていくことによって、それが評価にもつながります。
逆にそのような部分を評価しない上司というのは、やがて処罰されるということが多いようです。

上司に年収アップの交渉を行う際、理由として経済的な理由は出さないほうがよいでしょう。
住宅ローンを抱えていたり、子どもが生まれたので、というようなことを話してしまうとそれは誰もが直面をしている問題かもしれませんし、同情だけで年収をアップさせることは出来ないので、理由としてはあまりよくはありません。

大企業の場合には未だに年功序列制度を採用していることが多く、何もしなくても勤続年数によって年収は少しずつでもアップをすることがあります。
しかし中小企業の場合には、年功序列ではなく能力主義であることも多く、年収アップの交渉をすることによって、年収を上げることも可能となります。
交渉をする際には自分のキャリアを伝えるとよいでしょう。
こういうことをやってきた、ということを上手く伝えることができれば、年収がアップする可能性もあります。

交渉をする前に希望をする年収額を決めておくことが重要です。
希望をする年収額よりも少し高めの金額を提示しましょう。
その金額では無理だと言われるかもしれません。
その場合には少し下げて、再度提示をするとよいです。
そうすることによって最初に自分で設定をした希望金額にすることも可能となるでしょう。
大抵の場合、ディスカウントされてしまうので、高めに設定をしておくことはとても大切なことです。

切り出し方としては、年収が上がらなければ転職をすることも考えている、と伝えるとよいでしょう。
いなくなっては困る人材であれば、転職をされるよりも年収をアップさせてくれることがあります。

年収をアップさせるために取得をするとよい資格

企業の中でも行う仕事、部署によって年収が異なることがあります。
より年収をアップさせたいと考えているのであれば、異動願を出してみるのもよいでしょう。
異動の希望が通るために資格を取得しておくのもよいかもしれません。
例えば、社内SEになりたくてシステム関連の部署に異動をしたいと考えているのであれば、情報処理関連の資格を取得しておくとよいでしょう。
しかもあまり取得をする人がいないようなハイレベルな資格であれば、異動の希望が通る可能性も高くなります。

ハードルは高くなりますが、国家資格の取得を目指してみるのもよいでしょう。
士業と言われる仕事は年収もかなり高いことが多いです。
もちろん、簡単に取得をすることが出来る資格ではないので、勉強もかなり行っていく必要があります。
大変だからこそやりがいを感じることができるのです。

一般企業に勤務をしている人であっても、仕事をしながら資格を取得することもできます。
通信教育を利用することによって、少しでも空いた時間に勉強をすることができますし、時間を有効的に使うことが出来ます。

外資系企業であれば、語学力に関する資格にチャレンジをしてみるのもよいでしょう。
外資系だけではなく、最近では国際支店を持つなど海外に進出をする企業も増加をしています。
英語の能力が高ければ、海外での仕事も行うことが出来るかもしれません。
持っていて損はないTOEICなどでハイスコアを狙ってみるのもよいでしょう。

今の自分の仕事に役立つような資格を取得して、年収アップを狙ってみることがもっとも行いやすいのかもしれません。
事務職であればパソコン関連、同じ事務職であっても経理関連であれば簿記を取得するなど様々な資格があるのでチャレンジをしてみるのもいいかもしれません。

年収アップや転職の際にあると説得力が増す資格もあります。
代表的なものがTOEIC・TOEFL、簿記1級、基本情報技術者試験、宅地建物取引主任者、弁理士でしょう。
これらの資格を取得することができれば、年収アップも現実的なものとなります。

実際に不動産業者での就業をしている人が宅地建物取引主任者の資格を取得したことで年収130万円程度アップしたということもあります。
どのような業種で仕事をしているのかによっても必要となる資格は異なってくるので、事前に調べておく必要があります。
転職をしなくても資格取得でかなり年収もアップさせることができます。

年収をアップさせる方法とは

税率が上がり、収入が増えることがないと生活は苦しくなります。
今の年収では貯金を行うこともできず、将来に不安を抱えている人も多いでしょう。
高齢者になり、年金を受給する時になったら生活をするのに十分な年金を受け取ることは出来るのでしょうか?
今でさえ、生活をするだけの十分な年金を受け取ることが出来ていない状況なのに、数十年後には年金の受取金額が増えているということは難しいでしょう。
そうなると自分で貯金をして老後に備えなければいけません。

今の生活でも苦しいのに貯金をするなんて考えられない、という場合、まずは年収をアップさせる方法を考えるとよいでしょう。
インターネットで調べてみると、年収をアップさせるいくつかの方法が掲載されているので、参考になります。
自分に出来ることからスタートさせてみてはいかがでしょうか?

年齢によっては転職をすることが年収アップの1つの方法となる場合もありますが、転職をした仕事が未経験であれば研修期間も設けなければいけませんし、その仕事が自分に合っているのかどうか分からない、ということもあるでしょう。
リスクも高くなります。
今の仕事で年収をアップさせる方法もあるので、検討をしてみるとよいかもしれません。
社内で必要とされている希少な能力を身に付けることを考えてみてください。
例えば、事務職であればパソコンに関する知識を身に付け、パソコンのエキスパートになってみるのもよいでしょう。
勉強をすれば知識は身に付けることができます。
仕事にあまり関係のない能力というのは持っていても、年収アップにはつながりません。
ですからどういう能力が求められているのか、ということをよく考えてみましょう。

1つの企業に長年勤務をしていると、突然年収が跳ね上がるということは考えにくいですが、少しずつでもアップさせることは可能です。
着実に年収をアップさせたいと考えているのであれば、転職よりも今の企業でコツコツ頑張るという方法もあります。
転職と勤続とどちらのほうがリスクが高いのかということを考えておくことも大事です。

上司と定期的に面談を行い、評価を受けるというシステムを取っている企業もあります。
その際にどんな勉強をしているのか、仕事にどのように役立てることが出来ると考えているのか、ということを伝えていくのもよいでしょう。
正当な企業であればその努力を認めてくれて、年収アップにもつながることもあるかもしれません。

一家の大黒柱!夫の年収アップ?

奥様にとってご主人の年収アップは悲願のはずです。でも「いったい他のご家庭はどうなの?」なんて聞けないはずです。
日本で働けるご主人様の大半が何らかの会社勤めをされているはずです。いわゆるサラリーマンご家庭が多いのではないでしょうか?
会社組織に属している以上、収入は自分で変更・決定出来るわけでもなく当然昇給や昇格によるものでしか変化は訪れる事はありません。
しかし、日本の会社は年功序列というものが昇格に大きな比率を占めており、昇格≒年収アップという図式が必然です。

筆者が大手企業に勤めていたころ、15年程前ですがバブルではないにしろ昇給/年10,000円程ありました。
現在調べてみると、春闘の賃上げを見ても高くても4,000円程というのが相場です。
日本の仕事の多くは第2次産業となっています。収入としてこの国を引っ張っているこの産業で4,000円昇給/年ですから本当に地道に健気にやるしかサラリーマンの道での収入アップ成せないでしょう。

では自営はどうか?これはまた賭けにも近い話になります。この話から自営となると「脱サラ」となる為とても難しい事となりそうです。
収入アップを目的として脱サラは本当に困難な道のりでしょう。脱サラ(自営)というのは「したい仕事をする」という目的から決意する方かうまくいく気がします。
その過程で収入が上がっていくという流れの方が妥当な道のりになるでしょう。まあ、どちらにせよ家庭を持った状態での脱サラは中々難しいと思います。

続いて最近注目されつつある「副業」というものです。
昨今、ネットの進化により昔よりもだいぶ副業が身近になってきました。内職というものも未だ沢山ありますが、PCを使った副業が増えてきました。
とは言っても、副業であるが故に仕事単価はどちらも低いものです。本業で疲れた体のご主人に「年収アップを…。」と伝え副業を課すのはあまりにも心苦しい限りです。
古人の言う現状の仕事を地道に真面目に、というのが一番の近道かもしれません。

一家の大黒柱であるご主人の年収アップというのは、どんなに遠回りしても「家庭(世帯)の年収アップ」と考えた方がいいかもしれません。
余談ですが、上記の話からすると「仕事がある」方が年収も上がりやすい?と考えられます。
最近増えたPC/IT関係というのは数余多ありますが、まだまだこれから見通しの良い業種ではないでしょうか。

女性の年収アップはどこまで可能か?

さて女性のお給料に関するお話です。
男女雇用均等法は出来て数年、女性だけに言える事でもありませんがお給料(収入)が上がるというのは働く者の課題です。
キャリアウーマンと言えば働く女性の事を指すようですが正式には「長期賃金労働者」という内容が入るので、パートタイマー等は枠外のようです。
女性のお給料アップはどうしても「キャリアウーマン」というようなフレーズが頭に浮かびます。バリバリ働く…というようなイメージもありますね。

では「年収」として考えるとどうでしょうか。仕事を複数して年間の収入としてアップを目指すと意外と伸びる?かもしれません。
男性に比べ発想力は女性の方が優位と言われます。業種にもよりますが企業によってはその「女性観」を活かして伸びているところもあります。
うまくそういったところの頭脳として入り込めれば女性として年収アップは望めるでしょう。
一例ではありますが上記のような道もあります。

観点の幅広さを考えるとフリーな仕事は女性の方がうまくいくのではないでしょうか。
例えば筆者のようなライター業務。これもフリーな仕事と言えます。書く側の観点が主導になるため幅広い考え方が必要です。どうしても男性だと固執しがちですからね。
向き不向きもありますが女性の方が有利かもしれません。こういった職種は女性の伸びが見出しやすいかもしれません。

小さなショップ等の起業も昨今女性のオーナーさんが増えてきています。個人起業であるために、その中ではある程度制約はあるものの自由に仕事は出来ます。
自由であることこそ、その起業者による発想が重要になるため挑戦も容易になります。
女性であるため、比較的保守的な部分からの挑戦になるため大きな痛手とはならないような傾向もあるようです。ですから起業家にあるハイリスクとは必ずしもならないようです。

時代が進み職種性別に関わらず幅広い考え方が出来るようになりました。
この仕事が必ずとは言えませんが、これまで比較的男性が活躍していた場でも女性の進出が伺えます。
社会に女性の考え方が少なかった昔に比べると、まだまだ「女性観」にはビジネスチャンスが埋もれているように思えます。
女性観を活かした仕事の選択が年収アップに繋がるのではないでしょうか。

結婚に踏み切れない?年収が低くて心配!?

さて切実な疑問です。
誰もが思う結婚という二文字ですが、惚れた張っただけではうまくいかないものです。けれども結婚前に経済的な事を悩むのも少し夢がないような気もします。
年収は?住まいは?仕事は?なんて一昔前の結婚に対する考え方かもしれません。実際そうやって格付けみたいにしてパートナーを選んでいた時代もありました。

近年結婚の晩婚化が昔に比べて進んでいるようです。結婚より妊娠が先というケースや事実婚等、結婚までの過程も様々です。
とは言えいざ生活をスタートしてみて経済的余裕がなくなり果ては離婚なんて誰も望みません。じゃあそれを見越して結婚しないというのも寂しいものです。
ここで少し年収と結婚について書いてみましょう。

年収が少ないから結婚に踏み切れないというのは実際問題あると思われます。筆者も結婚当時(現在も?)年収はかなり低かったです。300万ぐらいだったような覚えがあります。
しばらくは共働きでしたし、結婚後もしばらくは結婚前と変わらない感じの生活で、ただ一緒に住んでいるだけ?といったものでした。
時間が経過する中で子供もでき、部屋が手狭になり引越しといった流れでした。当然ついて回るものはお金の悩みでした。
現在も結婚生活が続いている事を見ると「結果的になんとかしてきた」というだけですが…。
転職が無かったわけでもなく、県を越えての転居もありました。

この内容から単純に愛があれば大丈夫なんて簡単な事は言えません。愛よりも生活に必死だったからうまくいったというのが妥当かもしれません。
それなりの結婚生活の中でちょっとした旅行に行ったりと、贅沢が出来なかった訳でもありません。
当時を振り返ると妻は「年収について心配だった、将来は見えなかった」とまで言います。
結婚して7年経ちますが共働きもお願いしている現状です。

日本で見て年収の高い人なんてホントに一握りでしょう。どこからを年収が高いとするかすら疑問です。今より1円高くたって今の世の中そう何も買えたものではありません。
年収が高いなり低いなり、相応の生活をしているというのが現状でしょう。
価値観もそうですが、やはり結婚に何を求めるかがカギとなるような気がします。結婚したら大金持ちになりたいなんてやっぱり少しズレてるかもとは思います。
年収を観点に結婚に踏み切れないと思うアナタ。
そう考えている時点でそのパートナーへの気持ちを見つめなおしてみるのもアリなのではないでしょうか?
さすれば答えは見えてくるかもしれません。